さばorさんま、どっちがお好き?知る人ぞ知る老舗「とり屋」/天神ランチ

福岡、特に天神界隈はさばが美味しい。
ごま鯖のように生も良いですが、焼き鯖の美味しいお店も沢山あります。そこそこ美味しいお店は本当に沢山ありますが、一段と上をいく「美味しい!」と味覚と心が満たされるお店は少ないのではないかと思います。今日はそんなお店の一つをご紹介。もうすぐ開店50周年を迎えるという「とり屋」です。

天神とり屋

夜はつまみを食べつつお酒を飲み、ママと話す。
常連さんたちで賑わい、好みも把握されている。
ママはお客さんたちをとっても愛している。

仕事が終わって、そんなお店で一杯やりながらぐだぐだしたい・・・笑。

そんなお店がお昼は焼魚定食をやっています。さばorさんまのみ。

とり屋の定食

お店に入るとママが「今日はさばかさんまです~」「卵は生とお味噌汁に入れるのどっち?」と聞いてきます。

とり屋の人気者ママが一人でお店を切り盛りしています。

私は迷うことなく「さば!」。
だって、秋刀魚はやっぱり秋かな、と。

お客さんたちがいっせいに「さば!」「さんま!」と言うので声がかぶってわけわかめ。皆で笑ってちゃんとオーダーしたりして。

焼きさば定食 700円

もうね、焼きさばジューシーで最高です。
卵は連れが味噌汁に入れましたが、私は卵ご飯が食べたかったので生で。私以外のお客さんは皆味噌汁投入していましたから、そっちが人気のよう。

TGKに色々こだわりがある人は自分でやってくださいネ
もうすぐ50年!?すごい。

お店はすぐにいっぱい。近隣の会社員やOLさんたちといった感じで、皆さんお馴染みさんのよう。わいわいとアットホームな雰囲気です。ああ、お酒が飲みたい・・・。ここでお酒が入ると全員一気に仲良くなるんだろうな。

満席に近づき、OLさんたちがテーブルに座りました。ママが「取ってくれる?」と頼むとOLさんたちは焼きあがった定食を自分たちで運んでいました。お母さんと娘のような関係性が出来上がっている。

他にもおじさんたちが「お茶は自分で入れるからいいよー、ゆっくりでいいよー」という風にママに手間をかけさせないし、定食代700円を払うときにお釣りが出ないようにしていたり。皆、ママに負担をかけないようにしています。

これは、ママが長年お客さんを大事にしてきたことの証でしょうね。。。
久々に大当たりのお店を見つけた気がします。

昔ママがお客さんに出した年賀状と思われるものが沢山貼ってある。愛が溢れています。

お味噌汁うまーーーーーい!!!
もう、長年の味がここに凝縮されているのではないでしょうか。
料理ってやっぱり人柄が出ますよね。

味も美味しい、心もほっこり、お店にいつまでも居たくなる心地よさ・・・
次のお客さんのためにすぐ出ましたけど、長々と居座りたいと思いました。

店名とり屋
ジャンル焼鳥、居酒屋
予約・
お問い合わせ
092-751-0653
住所福岡県福岡市中央区天神3-15-1

関連記事

  1. 博多ごまさば屋/天神ランチ

  2. インドカリー 106サウスインディアン/福岡天神

  3. Eggs’n Thingsを満喫する!/大名天神

  4. 本格スリランカカレー Ceylon(セイロン)/大名天神ランチ

  5. 2,000円超えランチ!まぐろ料理紀文/福岡天神

  6. 呼子イカ専門店の「河太郎」が天神センタービル地下に「割烹炉端 八喜多賀…

  7. 九州初上陸!焼きスパ専門「ローマ軒」/福岡パルコ本館BF1

  8. ラーメン「一蘭」/福岡天神